バニラの投機日記

外国為替、株式、商品等の取引を記していくブログです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2015/2/12 飛ばし記事  

2月12日17半ごろ、突如として日経、ドル円ともに急激な下落が見られました。わずか5分たらずで日経で200円、ドル円で1.5円ほどの下落。その原因となったと思われるのが某記者の記事。要約すると以下のような内容。

「日銀内で一段の追加緩和は日本経済にとって逆効果になるとの見方が浮上。『関係者』への取材によると、日銀は景気の先行きへ自信を持っているが、消費者物価はさえなくなる見込みがある。しかし、さらなる緩和は円安をすすめて消費者マインドを悪化させる恐れがある。」

追加緩和観測を打ち消すような内容ですが、そもそも『関係者』とは誰なのか?発言者の実名も出さずに、真偽不明な経済に大きな影響を与える重要な内容を世に出していいのか?このような相場操縦目的が疑われる飛ばし記事を野放しにするようなことはあってはならない。そう思います。

日経先物1分足
20150212 飛ばし記事 日経先物 1分足.png

ドル円1分足
20150212 飛ばし記事 ドル円 1分足.png


V字になったものの、はめ込まれた人にとってはたまらないでしょう。
ドル円の方はいまだに戻していませんね。
スポンサーサイト

category: トピック

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

資金推移


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。